A post shared by Alice Matos (@alice) on

Alice Matos(アリス・マトス)はブラジル出身のフィットネスモデルです。SNSスターに刺激を受け、2010年からてジムに通うようになりました。

トレーニングをスタートしてから2年ほどで最初の大会に出場しました。それ以降は世界中の人々のフィットネスをはじめる刺激となり健康的なライフスタイルを示しています。

スポンサーリンク

【プロフィール】

A post shared by Alice Matos (@alice) on

体重 115 – 125lbs (52.2 – 56.7kg)
身長 5’2” (157.5cm)
誕生年 1985年
出身国 ブラジル
フォロワー 170万人

【経歴】

フィットネスの道へ

A post shared by Alice Matos (@alice) on

ブラジルで生まれたAlice Matos(アリス・マトス)は子供の頃から活発な女の子でした。バレーボール、バスケットボール、サッカーなど様々なスポーツをしていました。ですが当時は自分がフィットネス業界でキャリアをスタートするとはまったく思っていなかったそうです。

しかし25歳になったとき、SNSで活動するフィットネスモデルの影響を受け彼女たちのような体型に憧れるようになりました。

これがAlice Matos(アリス・マトス)がトレーニングをはじめ、フィットネス業界で活躍するきっかけとなったのです。

2010年にAlice Matos(アリス・マトス)はパーソナルトレーナーをつけて本格的にトレーニングをはじめました。

週5日のトレーニングを行い夏に向けて体型をつくることを目標にしていましたが、すぐにトレーニングのとりこになりすべての時間をワークアウトに捧げるようになりました。

パーソナルトレーナーはすぐに彼女のポテンシャルに気づき、2011年には人生初の大会に出場することになります。

26歳で初の大会に出場することになりましたが、勝利することができませんでした。そのことで彼女はトレーニングにさらに邁進し、大会優勝を目指すうようになりました。

大会で優勝するべく以前にも増して激しいトレーニングを行いました。そしてフィットネス業界で有名になる道を歩みはじめたのです。

フィットネスモデルへ

casual look 😏 Miami # lifestyle 🌴

A post shared by Alice Matos (@alice) on

2012年の大会に出場すると前年よりも高いパフォーマンスを発揮することができました。結果としては6位でしたが、優勝するモチベーションはさらに増すことになります。2012年に行われた別の大会にも出場しましたが5位に終わり優勝という目標にはまだ届きません。

Alice Matos(アリス・マトス)は身体を鍛えつづけ、出場する大会では毎回前回以上の成績を残していました。しかしながらなかなか優勝することはできずにいました。

そしてついに2015年に大会で優勝することになります。それは彼女の今までの努力が報われた瞬間でした。

大会に出場するようになってからは多くの人がAlice Matos(アリス・マトス)という存在を知るようになりました。ボディビル業界での露出が増えるとモチベーションになり世界中にフィットネスの良さを届けたいと思うようになります。

すぐにインスタグラムのアカウントを作成し、自分のトレーニングの様子などをUPしました。その結果、ファンから応援のメッセージが届きました。2016年(31歳の頃)には100万を超えるフォロワーを獲得するまでになりました

スポンサーリンク

【トレーニング】


Alice Matos(アリス・マトス)は週5日ジムで身体を鍛えています。12−18回可能な重量を3セット行うトレーニング方法を実践しています。週末はウェイトトレーニングをせず、身体を休ませることにしています。

ウェイトトレーニングの他には週2回のムエタイと週末に有酸素運動を行うようにしています。

トレーニングスケジュール

A post shared by Alice Matos (@alice) on

月曜日:下半身

火曜日:上半身

水曜日:下半身

木曜日:上半身

金曜日:下半身

土曜日:休養(ムエタイと有酸素運動)

日曜日:休養(ムエタイと有酸素運動)

〈Alice Matos(アリス・マトス)のトレーニングの様子〉

【栄養摂取】


Alice Matos(アリス・マトス)は筋肉の成長に必要な栄養を6回の食事に分けてとるようにしています。その食事内容は単純でタンパク質、野菜、炭水化物の摂取を心がけています。

大会が近くなると炭水化物を抜くようになる人も多いのですが、彼女は大会前になっても必要最低限の炭水化物の摂取はやめないようにしているそうです。

1日のの食事例

食事1:卵の白身6個分とのオートブラン

食事2:鶏胸肉、玄米orパスタとサラダ

食事3:ホエイプロテイン

食事4:サーモンorフィレミニヨンと野菜

食事5:卵の白身6個分

食事6:カゼインプロテイン

〜摂取サプリメント〜
・グルタミン
・ホエイプロテイン
・カゼインプロテイン
・BCAA
・Lカルニチン
・マルチビタミン

スポンサーリンク

【俺の批評】

A post shared by Alice Matos (@alice) on

Alice Matos(アリス・マトス)のトレーニングのきっかけはSNSで活躍したフィットネスモデルたちの存在です。

のちに大会に出場するようになりますが、なかなか優勝することができませんでした。

それでも諦めず、モチベーションを保って何度も大会に出場し続けたのは目標設定を行い確実にそれに向けて進んでいたからです。

そして今では彼女自身が多くの人のモチベーションとなっています。

彼女のフィットネスモデルとしての活躍はすばらしいですが、それ以上に彼女が歩んできた道はフィットネスのみならず、様々な場面で参考になると感じました。