View this post on Instagram
 

 

 

 

 

 

 
 

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

A post shared by Amanda Hagan (@amandahagan) on

Amanda Hagan(アマンダ・へーガン)はフィットネスインフルエンサーでありブランドのアンバサダーも務めいています。彼女は素晴らしいボディで知られていますが、以前は今の体型とは大きく違っていました。

昔はチョコレートやチップスといったアンヘルシーな食生活をしていました。若い頃はその食生活でも影響はほとんどなかったのですが、年齢を重ねるとその影響が現れるようになりました。10代後半には肥満になってしまったのです。

そんなある日鏡で自分の姿を見た彼女は今のままの生活を続けていてはダメだと気づきました。そこでフィットネスを取り入れることにしたのです。

ウェイトトレーニングとヘルシーな食事によって減量に成功しました。さらに女性らしいカーヴィーなボディを手に入れ、インターネット上でそのボディが称賛の対象となっています。

スポンサーリンク

【プロフィール】

体重 125 – 135lbs (56.7 – 61.2kg)
身長 5’6″ (167cm)
誕生年 1995年
出身国 アメリカ
フォロワー 39万人

【経歴】

乱れた食生活による肥満

 

 

 

 

 
 
 
View this post on Instagram
 

 

 

 

 

 

 
 

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

A post shared by Amanda Hagan (@amandahagan) on

今日のAmanda Hagan(アマンダ・へーガン)はエクササイズとヘルシーな食事の大切さを主張していますが、以前はその重要性を感じていませんでした。両親も野菜を食べなさいとは言わず、食事に常にサラダがあったわけでもありませんでした。

学校から帰宅するとお菓子やジュースを飲むという生活が当たり前でした。彼女は食べることが大好きだったのです。

そういった食生活はすぐに彼女に影響を与えることはありませんでした。小さな頃は代謝がよく健康的な体型を維持していました。しかし10代後半に差し掛かると徐々に食生活の影響が出るようになってきます。

ちょうど彼女にボーイフレンドができた頃、体重が増えるようになりました。そのことで彼女は自分に自信を失うようになります。そしてその影響はボーイフレンドをはじめ、彼女の周りの人にも現れるようになります。

太りはじめた彼女の気持ちはどんどん落ちていきます。しかし食生活を変えることはしませんでした。このことが彼女の気持ちをますます落としていきます。

友達にビーチに誘われても言い訳をして行かないようにしていました。

そしてついに彼女は自分の現状に我慢できない状況になりました。生活を変えなければならないときがきたのです。

ある日、鏡で自分の姿を見たときその様子に驚きました。人から自分はこんな風に見られているのかと感じ、生活を変える決意をしました。

フィットネスで生まれ変わる

 

 

 

 

 
 
 
View this post on Instagram
 

 

 

 

 

 

 
 

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

A post shared by Amanda Hagan (@amandahagan) on

自分の体型を変えたいと考えたAmanda Hagan(アマンダ・へーガン)は食生活を変え。トレーニングを行うようになりました。カロリーの摂取量に気をつけ、1日1300-1600kcal に抑えるようにしました。

そして有酸素運動とウェイトトレーニングを組み合わせたワークアウトを行うようになります。

数ヶ月の間で彼女の体型は劇的に改善されました。体型改善だけではなく気持ちもハッピーになりました。

彼女はフィットネスというものの虜になりました。変化が目に見えたことでモチベーションがさらに高まり、さらにハードなトレーニングを行うようになります。

数年にわたるトレーニングの結果、彼女は最高のボディを手に入れました。現在でもさらにボディを作り上げるために努力を続けています。

また自分のフィットネスの様子をSNSに投稿してシェアするようになりました。

彼女の素晴らしいボディの写真は多くの人に拡散されました。そして知名度を上げた彼女はフィットネス業界でのキャリアをスタートさせます。インフルエンサーとしてではなくブランドのアンバサダーも務めいています。

スポンサーリンク

【トレーニング】

 

 

 

 

 
 
 
View this post on Instagram
 

 

 

 

 

 

 
 

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

A post shared by Amanda Hagan (@amandahagan) on

Amanda Hagan(アマンダ・へーガン)がトレーニングをはじめた当初はなかなか一貫性をもって継続することができませんでした。数週間トレーニングを行って数ヶ月トレーニングを行わないということもありました。

もちろんこの方法ではなかなかはっきりとした結果を得ることはできません。

きちんと継続することによってトレーニングの成果が現れるようになったのです。

彼女は体重を落とすための有酸素運動と筋肉を鍛えるためのウェイトトレーニングをミックスしています。

〈Amanda Hagan(アマンダ・へーガン)のトレーニングの様子〉

【栄養摂取】

 

 

 

 

 
 
 
View this post on Instagram
 

 

 

 

 

 

 
 

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

A post shared by Amanda Hagan (@amandahagan) on

若い頃は食生活に気を使っていなかったAmanda Hagan(アマンダ・へーガン)ですが、トレーニングをするなら食生活にも気をつけなくてはいけないと感じました。

長い目で見て成長していくためには一貫した栄養管理が必要だと思いました。そしてそれを実践した結果、現在のような見事な体型を手に入れたのです。

現在でもヘルシーな食事を心がけていて、タンパク質、脂質、炭水化物の摂取量には特に気をつけています。ですがたまにチートミールを取り入れて息抜きもしています。

スポンサーリンク

【俺の批評】

 

 

 

 

 
 
 
View this post on Instagram
 

 

 

 

 

 

 
 

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

A post shared by Amanda Hagan (@amandahagan) on

Amanda Hagan(アマンダ・へーガン)のフィットネスをはじめるきっかけは肥満という一般的な理由でした。

しかし肥満の人がトレーニングをはじめ、理想の体型を手に入れるのは他の理由でフィットネスをはじめた人よりも難しいと思っています。それは食生活をはじめ自分の生活を大きく変える必要があるからです。いわゆるコンフォートゾーンから出なければいけません。

人間はなかなかコンフォートゾーンから抜け出せないものです。痩せたいと口で言ってるだけでは痩せません。痩せたいと口癖のように言ってる人がなかなか痩せないのもこのコンフォートゾーンから抜け出せないからです。

変化を望むならコンフォートゾーンから抜け出す勇気を持ちましょう。