A post shared by Ariana James (@arjamoon) on

Ariana James(アリアナ・ジェームズ)はグラビアなどでも活躍するフィットネスモデルです。ベネズエラ出身でのちにコロンビアに移りモデルとしてのキャリアをスタートしました。

Ariana James(アリアナ・ジェームズ)は大学生の頃、大学の勉強に集中するためにモデルの活動をセーブしましたが、その時モデルとして活躍することが自分のやりたいことだということに気づきました。

モデルとして有名になることを目指していた彼女ですが、甲状腺の病気になってしまいます。そのことで自分を見つめ直しフィットネスモデルとしての歩みを始めます。

2013年にAriana James(アリアナ・ジェームズ)はネット上でフィットネスモデルとしてのキャリアを積んでいました。人生には様々な困難があるけれど人生を有意義に過ごすことは不可能ではないことを示してくれています。

スポンサーリンク

【プロフィール】

A post shared by Ariana James (@arjamoon) on

体重 非公表
身長 5’5″ (165cm)
誕生年 1990年
出身国 ベネズエラ
フォロワー 66万人

【経歴】

A post shared by Ariana James (@arjamoon) on

Ariana James(アリアナ・ジェームズ)は甲状腺の病気があります。そのことで彼女は十分な甲状腺ホルモンが分泌されません。このことで免疫力の低下、体重の増加、疲労感など様々な症状があります。

しかし、彼女はモデルとして活動することを諦めず、病気のことを言い訳にしませんでした。さらにどんなに辛いときも週6回ジムに通い、厳しく激しいトレーニングを続けました。

そのことで彼女は現在のような素晴らしい身体を手に入れ、同じような病気に苦しむ人たちの良い見本として勇気を与えています。

スポンサーリンク

【トレーニング】

A post shared by Ariana James (@arjamoon) on

Ariana James(アリアナ・ジェームズ)は細くて割れた腹筋を維持するのに最も大事なことは食事だと語っています。もちろんトレーニングの中に腹筋を鍛える種目も組み込まれています。

腹筋トレーニング例

  • ハンギングレッグレイズ(ぶら下がりレッグレイズ) 12-14reps × 3セット
  • ケーブルクランチ 12-14reps × 3セット
  • 腹筋ローラー 12-14reps × 3セット
  • マシンクランチ 12-14reps × 3セット
  • プランク 40-60秒 × 3セット

ハンギングレッグレイズ

ハンギングレッグレイズがAriana James(アリアナ・ジェームズ)の腹筋トレーニングのメインとなっています。膝を伸ばして行うと負荷が高くなるのですが、初めの頃は膝を曲げてしかできなかったそうです。

今では膝を伸ばした状態でこのトレーニングを行い、腹筋に強い負荷をかけることができるようになりました。より大きな負荷をかけたい時はトレーニング用のボールを脚で挟み行っています。これにより少ない回数で効率的に腹筋に効かせることができるのです。

様々な方法で負荷を与えることができますが、1番大切なことは可能な限り脚を高く上げ、その際にチーティングを行わないことです。正しいフォームで行うことが何よりも効果的なトレーニングになります。

ケーブルクランチ

ケーブルクランチによって腹筋の様々な部分に負荷をかけることができます。フォームを変えたりすることで他のトレーニングではなかなか鍛えられない部分を鍛えることができます。

Ariana James(アリアナ・ジェームズ)はケーブルクランチについて正しいフォームで行えば腹筋上部を鍛えるのに最高のトレーニングであるが、間違ったフォームで行うと有効的なトレーニングにならないと話しています。

腹筋ローラー

腹筋ローラーも腹筋に効くトレーニングとして良く知られています。ただ初心者には負荷も高く、フォームが崩れやすいトレーニングです。

そんなこともあり、Ariana James(アリアナ・ジェームズ)は初心者に対して腹筋ローラーは気をつけながら短い距離で行うようにアドバイスしています。慣れてきたら距離を長くして強い負荷をかけるように変更していくように話をしています。

マシンクランチ

マシンクランチは初心者にも取り組みやすいトレーニングメニューです。Ariana James(アリアナ・ジェームズ)もトレーニングメニューの最後に取り入れている種目です。

腹筋を大きくしてシックスパックをはっきりと出したい場合は高重量で少ない回数を行うなど負荷の調整も行いやすいのが特徴です。自重で行うだけでは負荷が足りないと感じたときに取り入れてたい種目です。

もう少しトレーニングをしたいが高重量は扱う力が残っていないという場合には重量を落とし、回数を増やして行うことも効果的です。

プランク

プランクも良く知られている腹筋のトレーニングです。Ariana James(アリアナ・ジェームズ)はマシンクランチの代わりにトレーニングの最後に行うこともあります。腹筋はもちろん腹斜筋にも効かせることができるトレーニングです。

負荷が足りないと感じたときは脚や手を上げることで負荷を上げることもできます。そういった状況に応じてトレーニングの負荷を変えられるというのがプランクの魅力です。

〈Ariana James(アリアナ・ジェームズ)のトレーニングの様子〉

【栄養摂取】

A post shared by Ariana James (@arjamoon) on

Ariana James(アリアナ・ジェームズ)は病気の影響で体重が増えやすく、体力の消費が大きいこともあり、食事にはかなり注意をしています。脂肪や炭水化物を多く含んだ食事を避けるようにしています。

食事例

  • サーモン
  • 鶏胸肉
  • 野菜
  • 低血糖フルーツ

スポンサーリンク

【俺の批評】

A post shared by Ariana James (@arjamoon) on

Ariana James(アリアナ・ジェームズ)はかわいいらしいルックスに素晴らしい身体をもっています。

誰もが羨むような彼女ですが、実は病気を抱えていてそれとうまく付き合いながらフィットネスモデルとして活躍しています。

病気の影響で体重の増減や体力の問題など辛いことも多いと思います。そうでなくてもトレーニングは厳しいものです。

詳しく調べるまではただかわいい人だと思っていましたが、彼女のバックグラウンドを聞いてますます頑張ってほしいと思いました。