A post shared by Sami B (@leanmachine21) on

Samantha Bossert(サマンサ・ボサート)はSami B(サミー・ビー)の名前で知られるパーソナルトレーナーでありフィットネスアスリートです。不摂生な食事で太ってしまったことがきっかけでトレーニングをはじめました。

大学時代にパーソナルトレーナーの資格を取得しました。そして自分の栄養管理やフィットネスの知識を活かし自分の体型を磨くことに注力しています。

その結果、インターネット上で注目を浴びる女性フィットネスアスリートになりました。そしてインスタグラムでも多くのフォロワーがおり、パーソナルトレーナーとしても成功しています。

スポンサーリンク

【プロフィール】

A post shared by Sami B (@leanmachine21) on

体重 115 – 125lbs (52.2 – 56.7)kg
身長 5’7″ (170cm)
誕生年 1989年
出身国 アメリカ
フォロワー 86万人

【経歴】

生い立ち

A post shared by Sami B (@leanmachine21) on

Sami B(サミー・ビー)はアメリカのオハイオで生まれ育ちました。子どもの頃から多くのスポーツを経験しています。サッカー、バレーボール、ソフトボール、陸上、バスケットボールなどすべてで才能を発揮しました。

しかしながら食べることも大好きでスナックやジャンクフードを食べ続けた結果、太ってしまいます。スポーツに対する情熱は冷めてはいませんでしたが、太ってしまった自分の容姿が嫌いになってしまいました。

こうしたこともあって体重減少を目指します。そして自分の理想の体型になるためにトレーニングをスタートします。

大学時代にSami B(サミー・ビー)はパーソナルトレーナーの資格を取得することを決めました。自分の栄養摂取やフィットネスの知識をひろげることが目的だったようです。

この決断で彼女は理想の身体を手に入れるためにはトレーニングと食事制限大切だと学びます。そしてすぐに自分の身体が変化していることがわかりました。さらにはフィットネスに取り組みたい人のモチベーションを与えることができるようになりました。

フィットネスモデルとして

A post shared by Sami B (@leanmachine21) on

2015年頃、Sami B(サミー・ビー)が26歳のときパーソナルトレーニングのためにインスタグラムのアカウントを作成します。自分のフィットネスへの思いを世界中に伝えることを目的としていました。

ネット上のフィットネスコミュニティで有名となり美しい体型が認められるようになりました。その結果、2017年には多くのフォロワーを抱えるSNSスターになりました。

スポンサーリンク

【トレーニング】

A post shared by Sami B (@leanmachine21) on

Sami B(サミー・ビー)のトレーニングについて調べてみましたが、具体的なトレーニングメニューは公開されていませんでした。

パーソナルトレーナーなので公開してしまうといろいろと不都合があるのかもしれません・・・

Sami B(サミー・ビー)の詳しいトレーニングはわかりませんでしたが、いくつか調べてわかったことを紹介します。

彼女の好きなトレーニング種目はショルダープレス、ヒップスラスト、キックバック、ステップアップ、ランジだそうです。ショルダープレス以外は下半身を鍛えるトレーニング種目です。女性はお尻を鍛えたい人が多く、上半身に比べて下半身のトレーニングが人気の傾向があります。

そうしたトレーニングで鍛えられた身体ですが、彼女が特に好きな自分の身体の部位はお尻・腹筋・肩だそうです。

〈Sami B(サミー・ビー)のトレーニングの様子〉

【栄養摂取】

A post shared by Sami B (@leanmachine21) on

Sami B(サミー・ビー)はフィットネスをはじめた頃から徹底した食事管理を行っています。タンパク質と野菜の摂取を徹底し最低限の炭水化物の摂取を意識しています。

特に好きな料理は茹でたカリフラワーとレタスの肉巻きだそうです。

1日のの食事例

A post shared by Sami B (@leanmachine21) on

朝食:白身のスクランブルエッグ

間食:きゅうりにヨーグルトをディップしたもの

昼食:110gのチキンとズッキーニ麺、小さじ1杯のパルメザンチーズ

間食:七面鳥のミンチとハラペーニョをレタスで包んだもの

夕食:薄切りの七面鳥とズッキーニ麺、小さじ1杯のパルメザンチーズ

スポンサーリンク

【俺の批評】

A post shared by Sami B (@leanmachine21) on

Sami B(サミー・ビー)はワークアウトによって自分自身の身体を磨き上げたのはもちろんのことですが、パーソナルトレーナーとして多くの人の肉体改造を行ってきました。

彼女の場合は資格をもっており、トレーニングや食事を理論的に組み立てることができます。

トレーニングをしているとどうしても自己流になってしまいがちです。

ただトレーニングも正しい方法で行わなければ効果を最大限に発揮することができません。パーソナルトレーナーをつけると今までの自分のトレーニングが間違っていることに気づきます。

日本にもSami B(サミー・ビー)のように正しいワークアウトを広めてくれる存在が増えればと思います。

そして日本で誰もがワークアウトに当たり前のように取り組むような時代が来ることを願っています。